利用者にとってここが変わりました

特例の廃止

特例の撤廃

出資法において、「日賦貸金業者」「電話担保金融業者」からの借入れについては、特例として金利の上限が別途定められていました。具体的には上限金利が54.75%と高い水準に据え置かれていましたが、貸金業法ではこれら特例措置が廃止され、貸金業者は、利息制限法に基づき、貸付額に応じて15%~20%の上限金利での貸付けを行わなければなりません。


みなさまのご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。